今日は専門誌の整理・・・・


すぐにたまってしまうがそれが問題。


けっこう忙しいと読む間もなく次の号が届く(汗)。


キレイに並べておくことに意味はなく、


講習や専門誌は、

お金を支払った分だけ、

プロはお客様の満足と、

売上(お金)にかえないとダメだと、


東京時代からよく師匠に言われていた。


その時はなんとなく理解したかのように、

雑誌のページをめくるが、すぐ忘れてしまい、


あとから引き出せないのが一番の問題で、


キレイに陳列してあるか、

積み重ねてあることがほとんどだから、


ある程度、専門誌がたまったら切り抜いて、

整理するようにしている。


一説では、コピーできないように、

中途半端な大きさになっているとかで、


すべてA4サイズにしてほしいよ(笑)。

B4サイズのクリアーファイルが必要になるので、


結構値段が高いので困る。


とても勉強熱心のように思えるが、

尊敬する人気の先輩がやっていたことをマネしているだけ。


「いろいろ悩んで行動をとめるな〜
とにかくマネしろ〜それからさらに考えろ〜」
が、

その先輩んも口癖〜



それに東京時代の美容室は、


「キャリアが少ないほど給料も当然少ないけど、
専門誌は多く買わなければダメだ。

専門誌をぜんぜん買わない先輩(美容師)は、
尊敬するなぐらいの勢いだった(笑)。

その仕事で食べているプロが、
その仕事の専門誌を、
一冊も読んでないなんておかしいでしょ〜。

料理人だって味を追求している人は、
必ず専門誌読んで勉強しているぞ!」


そりゃ〜そうだなと思ったインターン時代。

どうせなら勉強している料理人が作る料理を食べたいし、


勉強している美容師にカットしてもらいたいハズだから・・・・。


私が昔、先輩を観察していると、

成果が出ない先輩ほど雑誌など買ってないね〜


買わなくてもよさそうなぐらい成果をだしている先輩ほど、

雑誌買ったり講習に行っている。


そのころは、成果をだしてない先輩のほうが面白くて、

あまり注意されないからイイな〜なんて、


思っていた自分がいて本当にダメだったと思う。


もっと仕事に厳しい先輩のほうにひっついていたら、

技術力などがもっと向上していたかな??


まぁ〜過ぎたことはしょうがないので、

これからこれからさ!!


地味なことを自宅でやっていると、

昔を思い出すな(笑)〜


効率よくできるように、

ペーパーカッターを購入したから少し楽しいかな?


  

※それと、来週の月曜日(26日)は、
お客様の山ガール&スタッフ2人と、

愛知県の低山登山を企画しているので、参加したい方は連絡ください。

朝早く登って浜松には3時ぐらいに戻る予定ですが、

日帰り温泉(希望者)によると遅くなります。



20140519_202245